RSS2.0フィールド

RSS2.0フィールド

Multilingual Translation

QRコード

QR code

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 2

 2018年6月25日(月)

丹後地域 医療懇談会 「よりよいお医者さん受診」

  • 2011年7月28日(木)
  • 閲覧件数
    1,950

中村琢弥です。
2011年7月28日に丹後地域患者さん自宅に対して「よりよいお医者さん受診」というテーマで医療懇談会を開きましたため、
その報告を行います。

 本会は当院開設時より患者さんでおられ、ほぼ毎年自宅にて医療懇談会を開いておられる方からお誘いを受けまして、今回は私が講師として医療懇談会をさせていただくこととなりました。

丹後地域 医療懇談会 「よりよいお医者さん受診」

話す内容は先方からの要望が特になく、「先生にお任せします」というなんとも難しい要望であったため、熟慮の末、「よりよいお医者さん受診」というテーマで臨むこととなりました。

これは「コムル」さんが提唱する「新・医者にかかる10箇条」(http://www.coml.gr.jp/10kajyo/index.html)を主軸に、随所に家庭医療学の概念を織り交ぜつつ、医師・患者関係のあり方とは、を考えるセッションを目指すという、若干チャレンジングな中身としました。

丹後地域 医療懇談会 「よりよいお医者さん受診」

少し前に行いました医療懇談会同様、今回もプロジェクター使用不能であり、iPadを使用したプレゼンテーションに挑戦しました。
また高齢者が多いことが予想されたため、資料は文字をかなり大きく作成し、読みやすいように配慮しました。

丹後地域 医療懇談会 「よりよいお医者さん受診」

当日は8人の方が患者さんご自宅に集まってくださいました。10分前に到着したのですが、すでに全員揃っていて皆さんのやる気が伝わってきました。

本番のスピーチでは随所に双方向性のアプローチを混ぜながら、特に声の大きさを大きく心がけ(∵難聴の方がいることが分かっていたため)、さらにスピーチのペーシングを意識し、iPadと併用したノンバーバルなコミュニケーションを多数使用しました。

途中に休憩を設け、休憩中も少し質問を受けつつ、茶菓子を片手にさらに進行し、ちょうど予定していた90分で終了することができました。随所で参加してくださった方からは質問を受け、それに対して、なるべく真摯に答えていきました。

結果としてはかなりの数の質問をしていただけるなど、とても盛り上がる中身となりました。参加者からは「先生はとってもよい声しているから聞き取りやすかったわー」とか「iPadって初めてみたわ。すごいきれいやね!」など工夫した点についての好評な意見が聞かれ、大盛況のうちの会場をあとにしました。

丹後地域 医療懇談会 「よりよいお医者さん受診」

Next stepとしましては、大きくしたつもりであった資料がやはり読みづらいという意見を受けたこと。
そして、内容がやはり少し抽象的な中身でもう少し文献的な裏付けや具体例を混ぜることができたら、よりよかったのではないか、という点です。
それでもかなりの成果を挙げることができたので、今後同テーマを講演する際にさらにこの形式をブラッシュアップしていきたいと思います。

丹後地域 医療懇談会 「よりよいお医者さん受診」

今回は以上です。非常に良い学びとなりました。