RSS2.0フィールド

RSS2.0フィールド

Multilingual Translation

QRコード

QR code

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 3

 2018年6月25日(月)

たんご診療所 院内学習会 「BLS G2010」

  • 2011年11月20日(日)
  • 閲覧件数
    2,424

中村琢弥です。
2011年11月14日にたんご協立診療所にてスタッフ向けに「BLS」をテーマに学習会を行いましたので、その報告を行います。

 京都家庭医療学センターの研修施設のひとつであるたんご協立診療所では月一回スタッフ向けの院内学習会を開いています。その中で救急対応は必ず年2回は扱うテーマとしており、今回今年度2度目の救急対応をテーマに学習会設定をしていくこととなりました。

たんご診療所 院内学習会「BLS G2010」
 
一度目は「外傷救急」をテーマにJPTECの内容をメインで扱う内容を行い、診療所スタッフとはいえ知っておかねばならない外傷救急の基礎を学びました。2度目となる今回、昨年度更新されて全世界に発信された「G2010」を題材に、BLSアップデートと称して、スタッフのBLSの実力をブラッシュアップする企画としました。

たんご診療所 院内学習会「BLS G2010」
 
当日は消防隊より人形をレンタルし、全員に向けてAHAの推奨するプロトコールを復習。そして、全員で実技を順番に行っていくようにしました。実技を終える度に承認の拍手を送るようにし、そして、よりよくなるようなワンポイントアドバイスを送るようにして、全員のBLSの実力が底挙げるような工夫を随所にほどこしました。

たんご診療所 院内学習会「BLS G2010」

最終的には非常に満足度が高い企画となり、全員G2010のBLSでどこが変わったのかを理解されたようでした。院内の救急マニュアルも更新され、今後の急変対応において自信をつけていただけたようです。

たんご診療所 院内学習会「BLS G2010」

Next stepとしましては、今回AEDを使用した対応が時間の関係でほとんどできなかったことです。診療所ではAEDではなく除細動器が設置されているのですが、これらも含めて対応を錬磨しておく必要があると感じました。次回の課題です。

たんご診療所 院内学習会「BLS G2010」

今回は以上です。非常に良い学びとなりました。