RSS2.0フィールド

RSS2.0フィールド

Multilingual Translation

QRコード

QR code

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 2

 2018年4月26日(木)

2012年 KCFM新年会の報告

  • 2012年2月 3日(金)
  • 閲覧件数
    1,762

KCFMの玉木です。

今年も新年会を開催しましたので報告いたします。
参加者は事務方も含めて14名の参加となりました。

新年会のプログラムは以下の通り。

日時:2012年1月21日土曜日 16:30-20:00まで
会場:京都民医連中央病院西館1階会議室

内容とその所感:
-前半-
1.加藤修治医師より昨年の家庭医専門医試験におけるCSAの傾向と対策
2.瀧本しおり(後期研修1年目)、太田敦(後期研修3年目)、中村琢弥(後期研修3年目)の関西ショーケースポートフォリオ合同発表会に向けての予演会

2012年KCFM新年会の報告

【前半の所感】
・第1回から第3回までの専門医試験を昨年みごとに専門医に合格された加藤医師がレビューし、傾向をまとめていただき大変参考になるプレゼンテーションでした。

・3/5にある関西ショーケースポートフォリオ発表会の形式に準じて、各後期研修医の先生もそれぞれに思い入れのあるケースをプレゼンしていただきました。まだまだ磨き甲斐がある部分も多かったですが、ケースへの愛情に溢れ、今後のバージョンアップが大変楽しみに感じられました。


-後半-
1.プログラム責任者高木幸夫からの乾杯の発声と懇談
2.KCFMの2011年目標の振り返りと2012年の目標設定
3.各メンバーからの2011年の活動のまとめと2012年の抱負

できあがったプロダクトについてはこちら


2012年KCFM新年会の報告

【後半の感想】
・後半はお寿司やピザをつまみながらの楽しい雰囲気の中で開催することができました。

・今回の特徴として、普段お世話になっている事務系の方々に感謝の気持ちをこめて無料で参加していただきました。ある程度気持ちが伝わっていれば成功だと思うのですが、果たしてどうだったでしょうか?

・また、これまで普段のグループ活動にはなかなか参加が難しかった診療所の先生や病院勤務で他の専門領域をお持ちの先生にもご参加いただくことができ、交流できたことは大変良かったです。

・プログラムに対して日頃の個人の思いを直接交換できるような機会は組織の運営上とても大切だと普段から感じており、今年もこのような機会が持てて本当に良かったと感じています。みなさんの活発な意見のおかげで今年のKCFMの目標も大変素晴らしいものができました。あとは如何にこの目標を普段の忙しさの中に風化させないで、現場に如何に落とし込み、如何に具現化させていけるか。我々のプログラムの力量が問われてくると思います。

2012年KCFM新年会の報告

以上