RSS2.0フィールド

RSS2.0フィールド

Multilingual Translation

QRコード

QR code

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 2

 2018年6月25日(月)

たんご診 院内学習会 「アルコール関連問題 AUDIT」

  • 2012年2月20日(月)
  • 閲覧件数
    1,959

中村琢弥です。
2012年2月13日にたんご協立診療所にてスタッフ向けに「アルコール関連問題 AUDIT & Brief Intervention」をテーマに学習会を行いましたので、その報告を行います。

京都家庭医療学センターの研修施設のひとつであるたんご協立診療所では月一回スタッフ向けの院内学習会を開いています。その中でメンタルヘルスは必ず年2回は扱うテーマと規定されており、今回今年度2度目のメンタルヘルス学習会として「アルコール関連問題」テーマに学習会設定をしていくこととなりました。

たんご診 院内学習会 「アルコール関連問題 AUDIT」

アルコール関連問題を扱うにあたって、此度の震災救援活動の際に怒濤の勢いで日本語訳された「AUDIT & Brief Intervention」の資料が思い浮かびました。もともと原著のコンセプトが「プライマリ医療者がアルコール問題を扱うには」という内容でしたので、今回の診療所学習会のテーマに非常にマッチしたものであると考え、この内容を診療所スタッフ向けに改変して行うこととしました。

たんご診 院内学習会 「アルコール関連問題 AUDIT」

AUDIT日本語訳
http://oki-kyo.jp/who-audit-jp.pdf
Brief Intervention日本語訳
http://oki-kyo.jp/who-bi-jp_20120215.pdf
 
当日は2つのロールプレイを用意して90分間のセッションとしました。ロールプレイではまず患者役と医療者役に別れ、医療者役がAUDITを面接法にて行い、点数化してもらいました。シナリオは第2群を想定したものとし、一見軽度の方でも詳しく聴取することでBrief Interventionによる介入群となることを実感してもらうことを狙いとしました。その後、2つめのロールプレイとして医療者役と患者役を交代してもらい、今度は同一シナリオにてBrief Interventionによる簡易介入を実践してもらいました。

たんご診 院内学習会 「アルコール関連問題 AUDIT」

全体としてスタッフの反応としては良好で、「アルコール関連問題は断酒会などが行うものと考えていたが、診療所でも介入していける分野であることを学べた」との感想文の記載もあるなど、今回の学習会の意義を十分に感じる様子でほっとしました。

たんご診 院内学習会 「アルコール関連問題 AUDIT」

Next stepとしましては今回のことを契機に診療所内にアルコール関連問題についてのスクリーニングシステムを立ち上げることですね。やはり学習会は臨床に活かすことができてこそと思います。

たんご診 院内学習会 「アルコール関連問題 AUDIT」

今回は以上です。非常に良い学びとなりました。