RSS2.0フィールド

RSS2.0フィールド

Multilingual Translation

QRコード

QR code

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 2

 2017年12月18日(月)

滋賀医科大学 放課後家庭医療学レクチャー第8回「ワクチンスケジューリング」

  • 2012年3月 6日(火)
  • 閲覧件数
    1,873

中村琢弥です。
2012年2月28日に滋賀医科大学にて「ワクチンスケジューリング」についての定期学習会をおこないましたため、その報告を行います。

本学習会は私の母校である滋賀医科大学の家庭医療勉強サークルであるFPIG関西や国際医療保険学習サークルであるTuktukの皆様と協力し、2011年4月より毎月一回連続開催している家庭医療学習会の第8弾になります。

滋賀医科大学放課後家庭医療学レクチャー第8回「ワクチンスケジューリング」

 

今回はついに手をだす小児科領域の話であり、大学ではあまり学ぶことが少ない「ワクチンスケジューリング」をテーマとして取り扱うこととなりました。昨今はワクチンの接種種類も増え、ますます混乱の様相を呈している状態。今こそ医療者としてワクチンをみんなで正しく取り扱えるように学習の場を持ちたいと思ったのでした。

実は今回の学習会の構想は前々からあり、標準のワクチンスケジュールを組むセッションを軸にワクチンの特徴やそのスケジュールを組むことの難しさ、そして現実にはその難しさに両親がさらされていることを学生の皆さんに実感してもらうことがまず一つの目的となっていました。そんな家人に対して、正しくワクチンスケジュールを導ける医療者となることはおのずと生まれる感情だと思ったからです。

準備では、日本小児科学会が先日発表した推奨ワクチンスケジュールを軸に資料をラミネート化して作成し、またVPD(Vaccine Preventable Diseases)を家に帰ってからでも学ぶことができる読み物を作成しました。また実際にスケジューリングに取り組んでもらうためのシートを用意し、本番に臨みました。

さて、当日は19:30から開始、参加者である学生は合計12名となりました。セッションではIce breakingと同時にFirst sessionとして「貴方の知っているワクチンは?」としてグループ毎にできるだけたくさんのワクチンを挙げてもらうようにうながしました。こうしたSGDを用いたグループワークはゲーム感覚もあり、非常に盛り上がるとともに学生同士で刺激しあえるため、この程度の人数で学びの感覚を研ぎ澄ませるには向いていると考えています。

滋賀医科大学放課後家庭医療学レクチャー第8回「ワクチンスケジューリング」

その後、ワクチンについてのおおよその説明をおこないました。特に「定期接種」と「任意接種」、「生」と「不活化」、同時接種について、接種方法(皮下注、筋注など)についてはきちんと時間をとって正しい知識を持ち帰っていただきました。そして、本番のセッションとして「貴方の前に満1ヶ月のお子さんを抱えたお母さんが現れました!」というシナリオでのワクチンスケジューリングを体験していただきました。提示した条件は以下のシナリオです。このシナリオ設定も様々悩みました。

 

  • 子供は基本的に元気である。
  • この地域ではポリオは生ワクチンであり、不活化の希望は今のところない(ここは悩みましたが今回はこのように設定)。
  • 生ポリオのみ集団接種。この日は他の同時接種は基本的に不可能とする
  • 経済的には問題なく打てるワクチンは打ちたいと考えている。
  • 基本は同時接種に抵抗がない。
  • 日本小児科学会が推奨するスケジュールを参照とする。

 

滋賀医科大学放課後家庭医療学レクチャー第8回「ワクチンスケジューリング」

全体として学生達皆が顔をつきあわせてワクチンスケジュールを一生懸命考えてもらえました。その議論の中で様々な壁にぶち当たり、悩み、ワクチンごとの性質をファシリテーターとなっていただいた医師を交えて臨床現場を感じながら議論してもらえたのではないかと思います。最終的には各グループから3様のスケジュールがあがってきて。とても興味深かったです。盛況のうちに本会は修了となりました。

滋賀医科大学放課後家庭医療学レクチャー第8回「ワクチンスケジューリング」

Next stepとしてはワクチンスケジュール毎の評価を行う時間をとることができなかったことです。その代わり今回は全体のタイムマネージメントを厳密に行い無理のないスケジュールを組むことができたと自負しております。WSの構成もこの一年で洗練されたものです。

さて、本会で私中村は来年度の赴任地の関係から一旦講師を引退することになりました。皆様から寄せ書きと記念品をもらうなどのサプライズもありました。本当に嬉しい限り!私としては皆様が楽しい学びの場を感じてくださったなら、私自身の大きな学びになっていたこの会はまさに当初目指していたWin-Winの関係を構築できたのではないかと思いました。これからはマネージャーとして本会に協力する予定です。

滋賀医科大学放課後家庭医療学レクチャー第8回「ワクチンスケジューリング」

報告は以上です。今後もこの会は月一回で継続予定(次回は2012年4月or5月開催予定)です。