RSS2.0フィールド

RSS2.0フィールド

Multilingual Translation

QRコード

QR code

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 2

 2018年4月26日(木)

KCFMによる家庭医療セミナー開催のご案内

  • 2013年1月 5日(土)
  • 閲覧件数
    2,198

年2回の定例で開催している「京都家庭医療学センター(KCFM)による家庭医療セミナー」を今回も下記のとおり企画いたしましたのでご案内申し上げます。

今回は、KCFMの研修診療所でもあるファミリークリニック仁和で実地での実績と経験を生かしたワークショップをご用意いたしました。ご多用の折とは拝察いたしますが、多数の方のご参加を賜りますようよろしくお願いもうしあげます。

参加をご希望の方は下記の連絡先に「お名前、所属、職種、懇親会参加の有無」につきお知らせいただきますよう、よろしくお願い申しあげます。
(セミナーポスターは下記の画像をクリックするとPDFでダウンロードできます。)

第6回kcfmセミナーポスター



【KCFMによる家庭医療セミナー目的】
1.家庭医療学と家庭医療の存在とその価値、意義を知ってもらう
2.地域でのネットワーク形成の場とし、地域ヘルス・プロモーションにつなげる
3.家庭医療学における有効なアプローチやツールを紹介し、日々の診療の質向上に役立てていただけるよう支援する


【セミナー概要】

・日時:2013年2月9日(土)15:00~18:00その後懇親会
・場所:ファミリークリニック仁和診療所
http://www.fmcl-ninna.jp/top.html

・対象:医師、看護師、事務やケアマネージャーなどセミナーに興味のあるあらゆる職種の方、医学生
・参加費:無料(懇親会費は別途頂きます)
尚、懇親会会場は当日ご案内いたします。

【プログラムと内容】

1.開会のあいさつ

2.WS1:6分割表を用いた臨床倫理カンファレンス(90分)

独自に作成した臨床倫理6分割表を用いて、小グループごとに事例を通じて倫理カンファレンスを開いてもらいます。多様な価値観や視点を他職種で共有しつつ、患者さんや家族にとっての最善の方法を決定するための過程を学んで頂きます。

3.WS2:診療所でできる高齢者総合的機能評価(60分)

高齢者総合的機能評価(CGA)とは、医療や高齢者 の生活機能を多面的に包括的に評価するためのツールです。現在保険診療においても加算がついており、入院患者さんにおいてはコストを取ることが可能です。 多様な疾患や背景を持つ高齢者診療において、今必要とされる高齢者の総合評価。しかし、忙しい外来ではなかなか評価するのが難しいのが実情です。ここでは 10分間で取られる簡易式の高齢者総合評価である、10分間総合スクリーニングの紹介とみなさまもそれを実施できるようになっていただく為のワークショッ プを行います。

4.閉会あいさつ

【参加申し込み先】

・京都家庭医療学センター事務局代表河合真器男

電話:(0773)42-0440
Email:shahoren@ninokuni.net

・京都家庭医療学センターホームページ

http://www.kcfm.jp

以上