RSS2.0フィールド

RSS2.0フィールド

Multilingual Translation

QRコード

QR code

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 3

 2018年10月21日(日)

第6回KCFMによる家庭医療セミナーin仁和の報告

  • 2013年2月16日(土)
  • 閲覧件数
    1,577
錦織です。
平成25年2月9日(土)にファミリークリニック 仁和診療所にて第6回KCFMによる家庭医療セミナーを開催しましたのでその報告を行いたいと思います。

年2回の定例で開催している「京都家庭医療学センター」による家庭医療セミナーを、去る2月9日(土)15時-18時仁和診療所で行いました。
参加者は医師・看護師・事務・ケアマネージャーさん、鍼灸学校の学生さんや医学生さんなど多職種の方が40名も集まって下さいました。

プログラムの内容ですが、2種類のワークショップを行いました。

1つ目は、仁和診療所の患者さんである、88歳虚弱高齢者の女性の症例を臨床倫理の6分割法を用いてグループごとに議論し、問題点や今後の治療方針を立てて頂きました。患者さんにとって、よりより最期を診療所がお手伝いするために何をしたらよいのか、かなり具体的な意見が出たグループもありました。臨床倫理といいますとかた苦しいイメージがありますが、多職種での話し合いのツールの1つとして利用して頂けたらなと思います。

2つ目のワークショップですが、忙しい診療の合間などにもできる高齢者の機能評価である「10分間総合スクリーニング検査」の説明と2人1組になって実際に問診を取り合って頂きました。どちらのワークショップも皆さん積極的に発言して頂き、盛り上がっていました。

今回の家庭医療学セミナーでの学びを是非皆様の職場で活用して頂きたいと思っております。

第6回KCFMによる家庭医療セミナーin仁和の報告

第6回KCFMによる家庭医療セミナーin仁和の報告

第6回KCFMによる家庭医療セミナーin仁和の報告

第6回KCFMによる家庭医療セミナーin仁和の報告