RSS2.0フィールド

RSS2.0フィールド

Multilingual Translation

QRコード

QR code

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 1

 2018年4月26日(木)

冬期セミナーWS開催報告

  • 2013年4月22日(月)
  • 閲覧件数
    1,338

冬期セミナーWS開催報告

以前は、企画運営スタッフとして関わっていた冬期セミナーです。今年も東京大学で、循環器フィジカルでは日本トップと言ってもいい室生先生と一緒に、ワークショップを無事成功することが出来ました。人数は18人と少人数ですが、今回と5月の学術集会も一日で定員となる、人気ナンバーワンに近い感じでした。

技術領域ながら、幅広い年代に大大好評いただいて、室生先生にも楽しんでいただき、専門医とプライマリケア医をつなぐ一つの、かけ橋となれて良かったです。フクダ電子さんとも共同で行えて、新たな連携が出来ました。
 
アンケートはとてもとても好評で、技術的な分野で、医師年数もばらばらの状態で、これだけ好評は、ものすごいと思います。
 
それだけ今の医学教育の問題があるのでしょうが、、。
何よりも熱意のある若手の先生に、熱意のある室生先生のエッセンスを伝えられたのは良かったと思います。
次は、5月のPC学会学術集会です。頑張ります。
 
○獲得目標 
身体所見・聴診所見の基本を理解する そこから異常所見、病気が想定できる
 
○個別目標
 視診の有用性を理解する
 心音から病態が判断できる 
 循環器疾患の診察が楽しくなる
 
(1)聴診ブース:?音の分裂を聴き分ける、
(2)聴診ブース:収縮期雑音を探る、
(3)視診ブース:頸静脈を診る
 
冬期セミナーWS開催報告
 
冬期セミナーWS開催報告