RSS2.0フィールド

RSS2.0フィールド

Multilingual Translation

QRコード

QR code

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 1

 2018年8月21日(火)

丹後保健所管内栄養士研究会研修会 糖尿病とその療養指導 講演報告

  • 2013年6月27日(木)
  • 閲覧件数
    2,159

たんご協立診療所@京丹後市の寺本です。2013/6/7に丹後保健所管内栄養士研究会研修会で
テーマ 
「糖尿病の基本から最新の話題まで ?行動変容につながる伝え方?」の講演を行いましたので報告します。
 

栄養士さん向けの学習会は初めての経験でした。2011年度の当院後期研修医の中村 琢弥先生の京丹後市の高血圧教室がきっかけで、2012年度の京丹後市 食生活改善推進員総会での糖尿病講演、丹後保健所の高血圧教室に引き続いて、公的機関からの依頼でした。 
栄養士さんの参加は34名(病院、高齢者施設、保育園、幼稚園、小中学校、行政)。5-6人ずつ、職域毎のテーブルに配置。全体として、和やかに進行して広範囲のテーマだったが学習目標を概ね達成できたようで満足度も高い参加型の研修会になったと思います。スライドが分かりやすい、挿絵に和まされたとの嬉しい感想もいただきました。
配布資料はプレゼン中にもあったほうがよいという意見が一定あり今後導入したいと思います。また、さらに学習を深めるためにテーマの絞り込み、参加型実習の重視、質疑応答時間の十分な確保の検討もしていきたいです。
 

学習目標
糖尿病  基礎?最新の話題
糖尿病のある方へのエンパワ?メントの実践
コミュニケーションスキル
行動変化ステージ理論
肯定的アプローチ
失敗した時の対応
意思力

良かった点
広範囲で欲張りな学習目標だったが、学習目標は、アンケートをみても概ね達成できたよう。糖尿病の基本的知識、トピックス、療養指導の理論、実践についても学べたようです。
最新の文献、資料を十分読込んで、わかりやすくスライド、配布資料にまとめることができた。準備も計画通りできて、締め切りにも間に合った。
ロールプレイは、短時間の即興だったが、講演での学びを実感してもらうために有効だった。
アイスブレイクは有効だった。(「最近食べた一番美味しかったものは?」)

改善点
スライドのリモコンが使えず、プレゼンでの動きが限られた。(パソコンのセキュリティ対策)
シナリオは、もう少し練りこんでもよかった。「名前」、「夢」が抜けていた。
ロールプレイ後の振り返りの共有は、ひとつの班だけにしてもらったが、他の班の方に追加の学びがあったか尋ねてもよかった。
かなり広範囲のテーマだった。学習を深めるためには、先方と交渉のうえテーマを絞りロールプレイ、ディスカッションの時間を確保するという選択もありえる。
質疑応答の時間が短かったことに少なからず不満があったようです。
配布資料は、プレゼン時に持っておきたい人が一定いるので、事前配布のほうがよいよう。
一人だけ、かなり評価の低いアンケート結果があった。

ネクストステップ
質疑応答の時間は十分に確保する
配布資料は事前に配布する。
学習を深めるためのカリキュラム。テーマの絞り込み、参加型実習の重視。

配布資料
講演スライド