RSS2.0フィールド

RSS2.0フィールド

Multilingual Translation

QRコード

QR code

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 3

 2017年12月18日(月)

2014年KCFM新年会の報告

  • 2014年1月17日(金)
  • 閲覧件数
    2,116
KCFMの玉木です。
先日KCFMの恒例の新年会を開催しましたので、報告します。
 
スケジュールは、以下の通りです。
■ 日時:2014年1月11日土曜日  17:00~20:00
■ 場所:京都民医連中央病院西館1階会議室
■ 参加者:医学生さん3名、初期研修医2名、KCFMスタッフ(事務局含む)10名程度、他科(総合内科)のスタッフ1名
■ 内容:
  1. ”generalistとspecialist”についての家庭医療レクチャー(高木幸夫医師)
  2. KCFMスタッフによるキャリア・デザインについてのプレゼン
  3. 旧年の目標の振り返りと新年の目標作成
■ 感想
これまでの新年会はKCFMの内輪向けの会でしたが、今回はオープン参加とし、内容も家庭医療のレクチャーも挟んで比較的馴染みやすいものに工夫しました。その甲斐あってか学生さんや総合内科の医師も参加していただけました。
 
● レクチャー:高木医師が秋期セミナーで亀田の岡田先生のレクチャースライドを用いて、generalistとspecialistについての話題を多面的に紹介していただいたのと、disease burdenについての話をしていただけました。学生さんからは「蛇にもgeneralistとspecialistがあることは面白い」などの感想もありました。
 
●キャリア・デザイン:今年初めての企画でした。新年を迎えるにあたって、これまで自分はどういう軌跡をたどり、これからはどこに向かうべきかを再度考えてもらうこと、また若手医師はベテラン医師のキャリアパスを知ることで、これからのキャリア形成の参考にしてもらうこと、などを目的に企画しました。どの発表もオリジナリティが溢れ大変おもしろい発表になりました。普段苦楽を共にする同志ではありますが、以外に発表してもらって初めて知ることも多く、お互いの関係が深まったと思います。
 
●昨年目標の振り返りと新年の目標:これも恒例の企画となりました。今回も参加者全員で目標を決められたことは意義が大きいと思います。特に今回は総合内科からのスタッフの参加があったため、今年に開催予定のKCFMによる家庭医療セミナーでは、総合内科とのコラボ企画をすることが決まったことは大変すばらしい功績だったと思います。
 
個人的にも、また一年間頑張っていこうという元気をいただける会になりました。今回の目標を達成できるよう皆で力を合わし、充実した一年になるよう頑張っていきたいです。