RSS2.0フィールド

RSS2.0フィールド

Multilingual Translation

QRコード

QR code

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 2

 2017年12月18日(月)

東北支援活動報告

  • 印刷用画面
  • 2012年5月20日(日)
  • 閲覧件数
    1,755

東北支援活動報告
KCFMの玉木です。
今年のゴールデンウイークを使って東北は岩手県大槌町のボランティア活動に参加してきたので報告します。

写真報告は下記のリンクからご覧下さい。
写真報告(スライド
https://picasaweb.google.com/116777038828419168426/tnDcBC

■ボランティア活動期間:2012年4月30日-5月3日までの実質4日間
■災害支援窓口:
遠野まごころネットhttp://tonomagokoro.net/
■活動概要:
◆4/28(土)-4/29(日):20:00京都駅出発。同伴者(A氏)の運転する軽自動車でA氏の娘さん宅のある埼玉県で一時停泊の後、再び一路岩手県は遠野市へ。29日の18:00に震災ボランティアセンターのある遠野市着。受付を済ませ、13区公民館で宿泊。またこの日、求人募集をみて「生活支援チーム」に連絡。翌日からの活動先としてアクセプトされる。

◆4/30(日):活動初日。AM7:20にセンター待ち合わせの上、車で生活支援チーム事務所のある大槌町の吉里吉里に移動。始業時間の9:00よりオリエンを受け、活動開始。初日は桜木町の在宅訪問。訪問件数約5件。夜は再び遠野13区の公民館に戻って宿泊。

東北関東大震災における宮城県被災地支援報告by中村

  • 印刷用画面
  • 2011年4月 2日(土)
  • 閲覧件数
    2,695

中村琢弥です。
2011年3月28-31日にかけて、東北関東大震災に対しての被災地支援に行ってきましたので
その報告を行います。

慢性疾患患者様向け 「歩こう会」実施報告

  • 印刷用画面
  • 2010年11月 5日(金)
  • 閲覧件数
    2,486

中村琢弥です。
2010年10月16日に慢性疾患患者様向けの運動促進の一環として「歩こう会」に実行委員として参加してきましたのでその報告を行います。

地元高校生向け講演会「医師になるということ-地域医療の現場より-」

  • 印刷用画面
  • 2010年7月14日(水)
  • 閲覧件数
    3,699

中村琢弥です。
地元の高校にて高校二年生向けに「医師」という職業についての講演会を行いましたので
その報告を行いたいと思います。

冬期セミナースタッフを二年振り返って

  • 印刷用画面
  • 2010年2月22日(月)
  • 閲覧件数
    2,550

佐々木 隆史です。二年間スタッフとして関わったセミナーの報告をします。
H21年・H22年の日本家庭医療学会主催の第4回・第5回の「若手家庭医のための冬期セミナー」を運営スタッフとして関わりました。
家庭医療学会の定期会合は、春の総会、夏の医学生初期研修医対象、秋の実地医家対象と冬の若手対象と四回あります。
ようやく軌道に乗りつつある専門医認定プログラムを経て、初めて世に出る家庭医療認定医を質高くサポートしようという理念でセミナーを構成しました。

たんご協立診療所 家庭医療学会会報「診療所リレー連載」に掲載

  • 印刷用画面
  • 2009年8月21日(金)
  • 閲覧件数
    2,603

掲載文は▼をクリックしてご覧ください。
「リレー連載 診療所研修」 PDFファイル1,716KBリンク

第4回 若手家庭医のための家庭医療学冬期セミナー 主催報告

  • 印刷用画面
  • 2009年2月21日(土)
  • 閲覧件数
    3,168

「若手家庭医の学びをサポートする」というテーマで、学会認定セミナーを主催した。
スタッフは3~6年目の医師、5人。
定期的な、スカイプを利用しての会議を繰り返して、開催にこぎ着けた。

家庭医療学会には、春の総会、夏の医学生向け、秋の生涯学習セミナーがある。
冬期セミナーをいかに位置づけるかが、3学会合併後も、冬期セミナーの存在意義を保ち続ける重要な要素となり、テーマ・内容選びに時間を要した。

場所は東京大学、参加者講師含め110名。
会場運営がメインだったので、WSに十分に集中できなかったが、参加のWSについて報告する。


高木医師BLOG「今日も一日はんなりと」

Kcfmパブリック

KCFM Poster


click me! リンク

つぶやき