RSS2.0フィールド

RSS2.0フィールド

Multilingual Translation

QRコード

QR code

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 3

 2016年12月 5日(月)

2017年度専攻医募集案内

  • 印刷用画面
  • 2016年8月19日(金)
  • 閲覧件数
    149

2017年度専攻医を募集します。

日本プライマリケア連合学会の新認定基準に沿った研修プログラムを受け、家庭医療専門医として必要な能力を習得します。
修了後は京都民医連の所属医として採用されます。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.kcfm.jp/staticpages/index.php/recruitment2017

KCFM家庭医療学セミナー ふくちやま 2016

  • 印刷用画面
  • 2016年10月 6日(木)
  • 閲覧件数
    93

2015年度は、家庭医療の紹介、糖尿病のUPDATES、認知症BPSD(特に排泄ケア)についてなどのテーマで開催し、おかげさまで好評をいただいておりました。今年度は、在宅看取りをテーマにセミナーを開催しました。

ゲストスピーカー田中 章太郎先生の存在と、講演で、在宅診療を行っている医療者、ケアスタッフに改めて在宅看取り診療、ケアの魅力、尊さを教えていただくことができて、多くを学び感動的でもあり、非常によかったです。先生の目指す在宅診療の理念と理想を追求され、実践されている迫力、凄みを感じることができました。森井先生(保健師)も、的確なフォローで名コンビでした。

合計31名の多職種(ケアマネ、訪問看護師、薬剤師、診療所、病院連携室担当看護師、病院、診療所の作業療法士、医師)の参加で、在宅終末期で本人は強く在宅療養を希望したが、最終的に病院搬送となった事例についてのグループワークを行い、活発な討論がなされました。地域の多職種の交流の場にもなりました。当地域の在宅医療の質向上につながると確信しています。

アンケートからも当初の目的、学習目標以上に達成できていることが確認されました。感動と新たな学びが連続する貴重なひとときでした。

最後になりましたが、本当に、田中章太郎先生、森井先生遠方よりお越しいただき、素晴らしい講演をしていただきありがとうございました。日本プライマリ・ケア学会近畿支部から活動支援をいただきました。厚く御礼を申し上げます。

今後も、「KCFM家庭医療学セミナーふくちやま」は定期開催を続けていきたいと思います。


京都家庭医療学センター KCFM

ふくちやま協立診療所 

寺本 敬一

2016新年会開催報告

  • 印刷用画面
  • 2016年2月29日(月)
  • 閲覧件数
    453

KCFMの玉木です。

去る2016年1月30日(土)に恒例の新年会を開催したので報告します。

<プログラム>
1.ポートフォリオって何?
2.ポートフォリオ発表予演会
3.2015年の振り返り
4.2016年の目標設定

 

CSA2015の報告

  • 印刷用画面
  • 2016年2月29日(月)
  • 閲覧件数
    429

KCFMの玉木です。

去る2016年1月30日にKCFM卒業試験の一環として実施しているCSA(Clinical Skill Assessment)を実施しましたので、ご報告いたします。

KCFM家庭医療学セミナー ふくちやま 開催

  • 印刷用画面
  • 2015年10月22日(木)
  • 閲覧件数
    666

ふくちやま協立診療所
京都家庭医療学センター(KCFM)
寺本 敬一 

2015/9/26(土)15:00から17:45まで、ふくちやま協立診療所において、KCFM家庭医療学セミナーふくちやまを開催しました。お忙しい中、集まってくださった、参加者の皆様、運営スタッフ、講師の皆様本当にありがとうございました。

2016年度専攻医募集案内

  • 印刷用画面
  • 2015年9月 3日(木)
  • 閲覧件数
    784

2016年度専攻医を募集します。

日本プライマリケア連合学会の新認定基準に沿った研修プログラムを受け、
家庭医療専門医として必要な能力を習得します。
修了後は京都民医連の所属医として採用されます。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.kcfm.jp/staticpages/index.php/recruitment2016

KCFMセミナー「地域診断をしよう」

  • 印刷用画面
  • 2015年5月26日(火)
  • 閲覧件数
    1,679

日時 2014920
参加者 20名 医師7名、医学生6名 看護師2名 事務5 

 Community as Partner’s Modelに基づき、地域診断を行いました。地域とは何か?地域医療は何か?という定義・原則から導入を行い、考えてもらいました。

KCFM新年会

  • 印刷用画面
  • 2015年2月 9日(月)
  • 閲覧件数
    1,521

KCFMの玉木です。今年も恒例となったKCFM新年会を無事開催することができたので報告します。
当新年会は、参加者が楽しく学び、そしてグループの一年の振り返りと新たな目標を作成することをミッションとしています。私がミシガン州立大学で家庭医療フェローシッププログラムに参加したとき、1年を振り返り、新たな目標を定め、改めてスタッフの一致団結の場とする”retreat”に参加しました。後にこれは組織運営の上で非常に有用な手法であることを知りました。KCFMの新年会はこのretreatをモデルとして取り入れたの形になっているのが特徴です。

第6回家庭医療セミナーのご案内

  • 印刷用画面
  • 2014年9月14日(日)
  • 閲覧件数
    1,798

KCFMの佐々木です。

9/20に、第6回KCFM主催の家庭医療セミナーを開催します。
今回はKCFM家庭医療セミナー初めての滋賀での開催となります。
テーマは「地域診断」です。
多職種や医学生さん、医学部以外の学生さんも歓迎です。
奮ってご参加ください。

関西家庭医療ベーシックセミナー 発表報告

  • 印刷用画面
  • 2014年8月28日(木)
  • 閲覧件数
    1,737

京都民医連中央病院の草野です。
大阪市立大学で竹中先生主催の関西家庭医療ベーシックセミナーにて90分のお時間を頂き発表させていただきました。タイトルは、「バイオハザード」…え?ゾンビ?いえいえ、お薬の話です。
 

2015年度後期研修医募集案内

  • 印刷用画面
  • 2014年8月13日(水)
  • 閲覧件数
    1,799

2015年度後期研修医を募集します。

日本プライマリケア連合学会の新認定基準に沿った研修プログラムを受け、
家庭医療専門医として必要な能力を習得します。
修了後は京都民医連の所属医として採用されます。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.kcfm.jp/staticpages/index.php/recruitment2015

 

第26回「学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナーセッション」開催報告

  • 印刷用画面
  • 2014年8月12日(火)
  • 閲覧件数
    1,712

KCFMの玉木です。
下記の要項で、夏期セミナーでワークショップセッションを開催してきました。
今回で講師側として4年連続4回目の参加となりました。
今回もかなりワークショップに参加慣れしていて、目の肥えた医学生や医系参加者相手のセッションでした。アンケート結果にも表れているように、かなり満足いただけたと喜んでいます。
 

「学生、研修医のためのKCFM夏期セミ・プレセミナー」開催報告

  • 印刷用画面
  • 2014年8月11日(月)
  • 閲覧件数
    1,774

KCFMの玉木です。

去る7月26日土曜日に酷暑の京都市内において、医学生さん3名を迎えて、プレセミナーを無事開催することができました。

体調を壊された方、急な予定が入ったメンバーもいたため、予定よりも少し参加者が減りましたが、今年も開催出来てよかったと思います。

瀧本しおり医師の後期研修修了式

  • 印刷用画面
  • 2014年5月11日(日)
  • 閲覧件数
    1,969


KCFMの玉木です。
去る4/26日に、今回で第4回目、修了第5号生となる瀧本しおり医師の後期研修修了式が恙無く執り行われましたのでご報告いたします。

修了式概要は以下の通りです。

・ 日時:4/26 15:00?16:30
・ 会場:京都民医連中央病院西館1階会議室
・ 参加者:医学生1名 事務2名 初期研修医1名 外部参加1名 後期研修医およびKCFMスタッフ6名 全11名
・スケジュール
1.活動報告
ア)在宅医フェローシップ研修のまとめ(錦織先生)
イ)HPHのプロモーション(高木先生)
2.草野先生から後期研修1年目の振り返り報告
3.瀧本先生の記念講演
4.記念品と修了証授与式

第6回関西家庭医療ポートフォリオ発表会報告

  • 印刷用画面
  • 2014年3月14日(金)
  • 閲覧件数
    2,166

 京都協立病院の草野です。
家庭医療研修の肝とも言えるポートフォリオ。その関西規模での発表会に運営から参加しました。当日はKCFMからは宮川卓也先生が座長を務められ、3年次の瀧本先生と1年次の私が発表しましたため報告させていただきます。総勢77人の参加でした。私も半年前から実行委員として運営参加しており、10回近いスカイプ会議にて会のコンセプトや具体的な内容について討議し、非常に有意義な時間を過ごさせていただきました。私の発表は「患者中心の医療」に則って、98歳男性の1症例を家庭医療学的アプローチに沿ってわかりやすく(手前味噌ですが)まとめた内容でした。一部の先生からは過分な評価を頂き、家庭医療が徐々に自分の中に浸透してきている実感を掴むことができました。
ひとつの通過点を超えて、とりあえずホッとしております。


Kcfmパブリック

KCFM Poster


click me! リンク

つぶやき